借り換えローンという言葉は、よく住宅ローンの借り換えで使われる場合が多いですが、ここでは消費者金融などの無担保ローンでの借り換えとして説明していきます。

私「カリカエル」の実体験はプロフィールページでも書かせていただきましたが、実際には借り換えローンの審査には申し込んでいません。

まあ単に知らなかったというオチなんですけど。。

そんな経験もあり、私のような人を二度と出さないためにも、改めて借り換えローンについて勉強していくうちに、サイトを作った次第です。

借り換えローンとは一体なに?

結論から言いますと、現在、借入している金融会社が多ければ多いほど、借り換えローンの審査に挑戦すべきだと考えています。

現在は、借金の借り換えが可能な金融業者も増えてきていますので、まさに今が申し込みのチャンス!といってもいいでしょう。

ただし、やみくもに審査を受けても審査に通らない可能性もあるのでご注意を(汗)

まずは、ローンを借り換える前に覚えておきたい基本事項をしっかりと身に着けてから、自分にあった金融会社を選んできましょう。

今は、各業者から借り換えローン専用の金融商品なども登場していますので、時代は変わったなぁと、しみじみ思います(笑)

さらに、借り換えローンについて色々調べていくうちに

「本気で借金を全額返済したい人にとっては、かなり有効な手段である」と、カリカエルは確信しています。

もし今、あなたが以前のカリカエルのように多重債務で悩んでいらっしゃるなら、借り換えローンの審査を真剣に検討してみてください。

きっと「未来が見えてくる」と思います。

ローンを借り換えるには大きく分けて3つの方法がある

今あるローンの借り換えをしたいと思った場合、大きく分けて3つの方法が考えられます。

  1. アコムやモビットなどの消費者金融
  2. ろうきん等、金利の低い公的機関
  3. 銀行が運営するカードローン

この内、ろうきんは金利も低く、借り換えローンに最適といえるんですが・・・残念ながら、労金などの公的機関からの融資はかなり審査基準が厳しいと考えておいてください。

そもそも、ろうきんは組合に入っていない人の審査基準はかなり厳しいので有名ですし、もし運よく融資が決まったとしても、通常設定されるべき金利よりも高い金利でしか借入できない・・といったことも実際に起きています。

詳しくは⇒ろうきんでの借り換えを検討中の方へのページをご覧ください。

ろうきんが厳しいということになると、一般的な人が借り換えローンとして利用できる金融機関は

  1. 消費者金融
  2. 銀行カードローン

のどちらかになります。

ではどちらを借り換えローンとして利用すればいいのか。

これは、借り換えの【目的】などによって違ってきます。

例えば、ある程度まとまった金額を借り換えしたい場合は、限度額や金利などの商品スペックが高い銀行カードローンを真っ先に検討すべきです。

一方、とにかく早く借金を借り換えしたい方や、職業がアルバイトなど収入に不安がある方などは消費者金融の方が借り換えできる可能性が高いです。

ただ、消費者金融の方が借りやすい分、銀行カードローンより金利は少し高めになる可能性が高いのも頭の隅に入れおいてください。

また基本的にキャッシングというのは、高額融資を受ければ受けるほど「金利は低くなる」という特徴があるということも、合わせて覚えておいてくださいね。

その他に、銀行カードローンと消費者金融、どちらの金融機関から借り換えローンの審査を申し込めばいいのか判断するポイントをザッと挙げてみると・・・

■メインで使っている銀行がみずほ銀行or三井住友銀行or三菱UFJ銀行にある
(⇒どの銀行もカードローン商品がある)

 

■1か月以内に返済できるアテがある
(⇒無利息期間がある消費者金融)

 

■自分はサラリーマンだし収入もそこそこあるので、多少、借入まで時間がかかってもいいから、できるだけ今より金利を下げたい
(⇒消費者金融より金利が低い銀行カードローン)

 

■自宅に郵送や勤務先に電話連絡がない方がいい
(⇒SMBCモビットの煩わしい郵便物やWEB完結なら電話連絡なし!アコムプロミスも自宅に郵送が届かないWeb完結申込があります)

これ以外にも様々な状況が考えられますが、基本的に

  1. 正社員(公務員)で収入も普通にある
  2. 過去に金融事故を起こしたことがない

という方なら、消費者金融より金利の低い銀行カードローンが十分狙えますので、積極的に狙っていきましょう。

当サイトからの申し込み実績が高い銀行カードローンはこちら⇒オリックス銀行カードローン

また、審査に少し不安な方でも、メガバンク系の銀行カードローンではなく、地銀やネット銀行系カードローンなら十分狙っていけます。

例えば、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、パート&アルバイトでも安定した収入があれば借入も可能ですので、審査に申し込んでみる価値は高いです。

借金のすべてを借り換えする必要はない!?

複数の金融業者から借金をしてるけど、毎月の返済がキツいから借り換えして少しでも月々の負担を軽くしたい・・・

そう思って借り換えローンの審査に申し込もうと思ってる方も多いと思いますが、必ずしも今ある借金すべてを借り換えする必要はありません。

例えば、アナタの年収が300万円だとして

  • A社・・・70万円
  • B社・・・40万円
  • C社・・・20万円

の借金があったとします。

そうなると既に総額130万円の借金があるので、消費者金融の場合、借金すべてを借り換えすることができません。
(※詳しい理由はこちらを参照)

じゃあ借り換えローンは利用できないのか!?という疑問が沸いてくると思いますが、そんなことはありません。

例えば、銀行カードローンなら今回のケースでも全額借入可能です。

ただ、結構他社から借入している今の現状を銀行側がどう判断するか。

当然、借り換えローンの審査には職業や収入等も大きく関係してきますので一概には言えませんが、一般的に考えれば審査に通らない可能性も十分考えられます。

じゃあどうすればいいのか。

この話は実際、カリカエルの借金仲間(汗)が使った方法なんですが、現状の借金すべてを借り換えするのではなく、例えば先程の例をとって解説すると【A社の70万円+C社の20万=90万円】を借り換えローンとして新たに消費者金融から借入するというやり方もあります。

これなら消費者金融でも借入できる範囲内ですし、気になる利息も、今の2社の借金を別々に返済している状態より負担が軽減される可能性が高いです。

そうすれば結局、借金の総額も抑えることができるので、全額を借り換えするという固定概念を外してみると、結構狙い目のテクニックかもしれませんね。

あと最後に、今回のポイントとして

実際に借り換えのシュミレーションをしてみて、毎月の返済が減るか確かめてから審査に申し込む!

コレを抑えておけば、審査に自信のないアルバイトやパートさんの方でも借り換えローンをうまく利用することができると思います。

借金生活から本気で脱出したいなら今すぐ借り換えローンの審査に申し込め!

結局、借り換えローンを利用して複数の借金をスッキリさせることは、借金の総額がクリアになり「数字として」借金が減っていく実感を得ることができるので、本気で借金生活からの脱出を考えているなら、絶対利用した方がいいです。

今の状態のままだと、

  • どの業者に
  • いくらの返済ができているか
  • そのうち元本はどれだけ減っているか

これが正確にわかる方以外は、借金を借り換えた方が全体の把握もわかりやすくなりますし、毎月の返済日も減らせますので、精神的にも、今よりはるかにゆとりが持てるようになります。

やっぱり人間という生き物は弱いので、すぐラクな方にふらふら~っと行ってしまいがちです(^^;

つまり、借金を返す前にまた他社から借入をしてしまったり、借金を返すためにまた借金をしてしまう・・・という笑うに笑えない状況に陥ってしまう方が結構いらっしゃるんですよね。。

もしかしたらアナタもその一人かもしれませんね(汗)

でも安心してください!!

昔と違って、今は借り換えローンで借金を完済できる可能性がグッと上がってますから☆

その証拠に、今の消費者金融や銀行カードローンの金利は、10年以上前から比べるとかなり低くなっています。

特に、金利が高いと言われ続けていた消費者金融も、今は銀行カードローンの優れた商品スペックにかなり近づいています。

もちろん銀行カードローンも昔よりさらなる商品スペックをアップしていますので、低金利で定評のある銀行カードローンで、今ある借金を借り換えすることができれば・・・完済して借金がゼロになる日もそう遠くはありません。

実際に、借り換えローンで融資が決まった時を想像してみてください。

  • ああ、これで真面目に返していけば完済できるかもしれない!
  • 借金を全部払い終わったら、ご褒美にどこか美味しいものを食べに行こう☆
  • 完済した後なら、ちょっとリッチな旅行ができるよね♪

なんて思いながら、絶対ニタニタ一人で笑っちゃいますから!(キモい)

借金生活から脱出したいなら、結局は「完済」しなければ、それは不可能です。

本気で完済を目指すなら、借り換えローンの審査を検討する価値は大いにあります。